本記事のサムネイル画像の「もの」。「これ」って、トイレに行くと度々目撃しますよね!?トイレの上部に付属している形で置かれており、何やら通気口のような穴が開いていますが・・・。

 あなたは、「これ」の名前とどんな目的で使用されているかを、キチンと言うことができますか?今、「これ」の正体についてネットで話題となっています。それでは後半で答え合わせをしてみましょう。あなたの知識をチェックします。

 

Calmic?

toirekore

 まずは、ネット上で正解が出る前のネットの反応を見てみましょう。正解が判明する前は、分からなかったという反応が多く、その形状から「灰皿?」という回答を出した人もいました。形的には灰皿に見えなくもないですね・・・。

 「これ」をよく見てみると、真ん中に「Calmic」と書いてあり、縁には「Rentokil Initial」と記されています。「これ」の商品名、あるいはメーカーと考えられるでしょうか?

 Calmicを調べてみると、「日本カルミック」という会社が検索結果で出てきました。「Calmic」は日本のトイレ周りに関する会社の名前だということが分かりました。ちなみに、この会社のサイトを調べることで「これ」の正体を突き止めることに成功しました。

 次に「Rentokl Initial」を調べてみると海外のサイトが出てきました。どうやら日本カルミックの提携会社のようです。このサイトにThe Experts in Pest Controlと出てきましたが、「pest」が日本語で「害虫(害獣、カビ、ダニなど)駆除」と訳され、サイトの写真や日本カルミックと提携していることを考えると、カビ駆除に関する海外の会社だと考えられます。

これが「これ」の名前と用途だ!

 さぁ、前述したように日本カルミックという会社のサイトを調べることで、「これ」の正体を突き止めることができました。「これ」の名前は日本カルミックのサイトによると「サニタイザー」と呼ばれるものです。知っていましたか?

 サニタイザーとは、簡単にいうと、「消毒液や殺菌剤」のことを表します。つまり設置することで、トイレを消毒したり菌を殺したりしてトイレを清潔に保ってくれるというわけですね。水洗トイレには、便器の表面や排水管内など、人の目の及ばないところでバクテリアが活発に繁殖しているそうです。これが汚物を流す際の水によって尿の成分や細菌と結びついて、バクテリアをより活発にさせているのです。

 そこでサニタイザーを設置することで、排泄物などを流す最後の水がサニタイザー内を通過し、薬剤がその水によって溶け、便器の表面や排水管などに流れて殺菌や消毒の働きをしてくれるのです。つまり、水を流すごとにトイレを清潔にする薬剤が流れるので、持続的にバクテリアの繁殖を防止することができる素晴らしい性能を持ったものなのです。

 なおサニタイザーの薬剤は、汚れと悪臭に対して除去する成分と防止する成分の2つから成っているそうです。除去の成分は汚れを即効的に洗浄する洗浄剤、防止の成分は尿石(スケール)という悪臭の元となる物の発生を防ぐ殺菌力を持つ静菌剤から成っているとのこと。あなたはサニタイザーという名前とその用途、ちゃんと知っていましたか?

総括

 いかがでしたか?おそらくサニタイザーとはトイレで用を足すたびに、何度も対面したことがあると思います。ですが、詳しいことは知らなかったという人も多かったのではないでしょうか?筆者は名前も用途も分からず、それこそ灰皿なのでは、と思ったりしていました(苦笑い)。

 調べてみると、多くの人々が使うトイレを陰から清潔にしていた優れものだったのですね!これからトイレで用を足すときは、サニタイザーに対する見方が変わるのではないでしょうか!?


引用元:http://neta-reboot.co/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事