先日モデルデビューを果たした故マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソン(18)が、父親と自らについて、初めて衝撃的な事実を激白している。
 

「パリス沈黙を破る」という見出しで米ローリング・ストーン誌の表紙を飾ったパリス。2009年に最愛の父親を亡くしてから、数回にわたって自殺未遂を図ったことは有名な話で、15歳だった2013年には薬を大量に服用し、手首を切って自殺を図ったと報じられたが、原因は父親を亡くしたショックだけではなかったという。

「14歳の時に、年上の見知らぬ人から性的暴行を受けたの。誰にも言わなかったけれど、本当につらかった。極度のうつになって、何度も自殺未遂を図ったの」

「父親は、殺されたのよ。そう信じているわ。父は『いつか殺される』と言っていて、その通りになった。コンラッド・マーレー医師の仕業だと思っているけれど、それ以上のなにかがあると思う。いま私は、チェスゲームのように真相を追い求めているの。言えるのはそれだけだけど、必ず正義を勝ち取りたい」と語っている。

また、かねてから「マイケルは実の父親ではないのではないか」と報道されている件についても、「彼は間違いなく私の父です。今までずっとそうだったし、これからもそうです」ときっぱり言い切ったという。【NY在住/JUNKO】


引用元:ヤフーニュース

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事