『私のリアルな産後の体』一人でも孤独な母親を勇気付けられたら…

ニュージーランド在住のJulie Bhosale(ジュリー・ボーゼル)さん、彼女は栄養士の資格をもつ2児の母です。

彼女が自身のブログにある写真を投稿し、多くの母親たちから反響を呼んでいます。それがこちらの写真。

 ↓  ↓  ↓

15168_05

出典:My Real Postpartum Body

My Real Postpartum Body

『My Real Postpartum Body(私のリアルな産後の体)』というタイトルで投稿されたブログは、こんな言葉で始まります。

I am a mother. I am tired, broken and sore. I have lumps, bumps, marks and jiggly bits.

私は母親です。私は疲れました、もうボロボロなの。体はボコッとしているし、しこりも跡もあって不安定な状態よ。

My Real Postpartum Body ーより引用

産後の状態は人それぞれですが、以前と同じように動いたりするのは難しく、腰痛になったり、疲れやすくなったり、髪の毛が抜けたりすることもあるそうです。

思い通りに動かない体を引きずりながら、24時間赤ちゃんの面倒を見るのはとても大変なこと。

そんな状態で「体型を元に戻すこと」は容易ではなく、女性として、母親として自信をなくしてしまったジュリーさん。

しかしそれは、多くの母親たちに共通する悩みであり、外見でその人の価値を判断することは間違っていると彼女は気付きます。

そこでジュリーさんは、ブログを通して一人でも多くの母親を勇気づけられたらと思い、自身の体の変化を投稿しました。

37週目と出産24時間後

15168_03

出典:My Real Postpartum Body

2日後

15168_02

出典:My Real Postpartum Body

1週間後

15168_08

出典:My Real Postpartum Body

2週間後

15168_01

出典:My Real Postpartum Body

10週間後

15168_04

出典:My Real Postpartum Body

14週間後

この頃には、心体ともに安定してきたジュリーさん、抱っこしている息子さんも大きくなりました。

お腹はほとんどヘコみましたが、妊娠線は残っています。妊娠線は命を生んだ証、一度つくとなかなか消えないそうです。

15168_07

出典:My Real Postpartum Body

ジュリーさんが伝えたかったこと

産後の体を元に戻すことは、想像以上に困難で、涙が止まらない日々もあったと語るジュリーさん。そんな自身の経験を生かし、こんなメッセージを残しています。

周りの人々は、あなたが妊娠から出産までどれだけの時間を費やしたのか、どんなに大変な思いをしたのかではなく、目に見えること(外見)で判断します。

そのことで傷付くこともあるでしょう、私もそうでした。ですが、まずは自分自身を褒めて、優しくしてあげましょう。

15168_09

出典:Sahan’s Birth Story

You are beautiful, you are amazing, you are a mother.

あなたは、美しく素晴らしい人間です。なぜなら、あなたは母親だから。


引用元:http://grapee.jp/70354

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事