今から8年前…僕が20歳で彼女は19歳でした。
付き合って一年ほど経過していましたが、ともに経験がなく
彼女の「結婚するまではしたくない」という意向で、僕は我慢するしかありませんでした。

そんな中、初めて迎えたクリスマスイヴ…
横浜の夜景が見える高級ホテル。
彼女からのプレゼントは「自分自身」でした。

その時の彼女の決意など何も知らない僕はただただ
彼女を抱けるという喜びでいっぱいでした。

あんな卑劣な運命が待ち受けていたなんて、あの時の僕は知る由もありませんでした。

衝撃の運命!続きは後半で

ウキウキ気分で迎えた新年…運命を知る

お互い初めてでぎこちないながらも、何とか交わることができ、彼女は涙を流していました。「痛かったのかなぁ…」などと思っていた僕。
その時の彼女の意味すら分からずにウキウキ気分でクリスマスを迎えました。
まさか、これが最初で最期になると思いもよらず…

浮かれた気分のまま迎えた新年。
まだ一度も会ったことのない彼女の両親に病院に呼び出されました。
「妊娠でもしたのかな」なんてビクビクしながら病院に行ったことを覚えています。
「君がショウ君か、君には悪いことしたな・・・」
「いったい、なんのことですか?」
「娘はもって3か月の命らしい。急性白血病だ・・・」
沈黙が流れ、ただ涙がこぼれるだけでした。

近くて遠い彼女との対面

病室に行くと、そこには無菌室のビニールシートで覆われた彼女がいました。
naku2
クリスマスに分かれたときと同じように元気そうな彼女。
それなのにビニールで隔てられ、触れることも許されずただ見つめることしかできませんでした。

病を治す唯一の方法は骨髄移植しかありませんでした。
しかし、両親も妹も一番可能性が高い家族は全員一致せず。骨髄バンクのドナーを待つことしかできませんでした。
1月後半、徐々に体は衰弱していき、悪ういことに肺炎を併発してしまいました。

僕はできるだけ彼女のそばにいて彼女を励まし続けました。
励ましてもどうにもならないことを知りながら・・・

2月を迎え、運命の時は突然やってきました。

夜9時ぐらいにお父さんから電話があり、僕はざわめく胸を落ち着かせながら病院へと走りました。
病室には、両親と妹、そして主治医と看護師が数名。
彼女は小さな声で僕を呼んでいて、何かを言っており、主治医の許可のもと
僕は彼女に近寄り口元に耳を近づけました。
「今まで・あ・り・が・と・・・」
それが彼女との最後の会話となりました。
ほどなくして彼女の意識はなくなり、天国へと旅立ちました。

くしくもその日はバレンタインデー。
彼女がお母さんに預けていたチョコとメッセージカードをいただきました。
naku4
その手紙にはイヴの日にはすでに病気を知っていたこと、
そして、女になりたかったとのことが書かれていました。

お金もないのになぜ高級ホテルだったのか・・・
今ならすべてがわかる。彼女の言動のすべてが・・・
浮かれていた自分が恥ずかしくて、悔しくて、やるせなくて、涙が止まりませんでした。

あれから4年…僕は結婚しました

naku5
妻にはすべてを話しました。妻は一緒に涙を流してくれました。
待望の赤ちゃんを授かり、妻の提案で彼女の名前をつけることになりました。
妻にも、彼女にも本当に感謝しています。

毎年バレンタインデーには家族3人でお墓参りをしています。


引用元:http://neta-reboot.co/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事