2016年4月14日に発生した熊本地震発生から本日28日でちょうど2週間が経過したが、現在もおよそ3万7,000人が避難生活を余儀なくされているという。

 そんな中、熊本空港から公開されたあるTwitterユーザーの1枚の写真に、涙が出ると話題になっている。それは、熊本空港から日本中の皆様へのメッセージだった。

 熊本空港で職員の方々がメッセージボードを掲げていた。感動のメッセージ内容を、後半でご紹介する。被災地の方々のみならず、国民全員で踏ん張る時だと感じさせるものだと思う。

続々寄せられる支援の手

熊本地震が発生してからしばらく経ち、復興へ向けて多くの方々が支援の手を差し伸べている。例えば、熊本出身の高良健吾氏は、お忍びで給水ボランティアに参加していた。

お忍びでのボランティアは、他にもSMAPの中居正広氏お忍びで炊き出しボランティアに参加するなどしている。さらに、芸人の江頭2:50氏が東日本大震災の時に引き続き、お忍びで熊本へ支援物資を届けるなどしていることが目撃されている。

特徴的なボランティアも話題になった。アルピニストの野口健氏は、100人以上のボランティアの方々と共にエコノミークラス症候群解消のため、テント村を設営した。

有名人の支援に限らず、特徴的な支援方法は話題になっている。ある熊本地震の被災者が震災前日にYahoo!オークションでバイクの部品を落札したところ、その後届いた商品が感動的だったと話題になっている。詳しくは、こちらのリンクからご参照いただきたい。

頑張るけん熊本!

このように、熊本には続々と支援の手が差し伸べられている。そんな日本中からの支援に対するメッセージ熊本空港で掲げられ、感動的だと話題になっている。

あるTwitterユーザーの方が、熊本空港から飛行機で出発する前にふと窓の外を見ると、ANAの職員の方々がメッセージボードを掲げていたという。そのメッセージボードの内容がこちら。

message1

メッセージは「応援ありがとう頑張るけん熊本」と綴られていた。それは、熊本地震の被災地を心配する人たちへ宛てたメッセージだったのである。

自分たちが大変な中、応援してくれてた人たちへの感謝のメッセージを送る方々。彼らの行動に、ネット上などでは感動したという声が多く寄せられているとのこと。

熊本空港の運航状況

熊本空港は震災が発生すると16〜18日の3日間、全便を欠航させることを発表した。しかし19日には運航を再開し、一部損傷がありながらも営業しているとのこと。

また熊本空港だけに限らず、他の被災地でも復興に向けて少しずつ前進しているという。だが前ページで述べたように、まだ3万人以上の方々が避難生活をしている状況である。

被災者の方々が1日も早く元の生活に戻れるように、自分にできることを全力でやっていきたいと感じた。

 


引用元:http://neta-reboot.co/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事