皆さんは、動物の事は好きですか?犬派、猫派で好みが分かれるところではありますが、多くの人が愛してやまないのが動物です。そんな動物に関する涙が止まらなくなるようなエピソードをご紹介いたします。

 ある子犬が、車にはねられて路上に放置されてしまっていました。ピクリとも動けずにいるような状態です。これは可哀想ですね。しかしそこに、その子犬を心配して別の子犬が現れました

 そして、倒れている子犬にずっと寄り添い続けるのです。周辺は車が行き交って危ない状況であるにもかかわらず…。この2匹の結末は後半で詳しくご紹介いたします。

車にはねられた子犬

yorisoi1

 最近、トルコの高速道路で車にはねられた子犬が話題になっています。この画像がその子犬です。車にはねられたのが白い子犬ですね。見たところ動けずにぐったりしています。

 しかしその傍らで、心配そうに白い子犬を見るもう一匹の子犬がいます。こちらの画像を見ると、なんとか元気になって貰おうと頭を撫でているように見えます。

yorisoi2  

 道路上ということで周辺は車が行き来しており、寄り添っている子犬も危険なはずです。にもかかわらず、優しく撫でたり舐めたりと頑張って励ましているのです。

救いの手…!

yorisoi3

 その後も白い子犬を舐めたりして必死に励ましています。やはり同じ犬としての仲間意識からでしょうか。健気ですね。しかし、それほど必死にやっても時間は刻々と過ぎていきます。

 そんな中、ようやく助ける人が現れました。倒れていた子犬は口からの出血が見られるなど、かなりひどい怪我を負っていたようですが、まだ息があると分かりました。

yorisoi4

yorisoi5

 子犬の懸命の励まし、そして心優しい人の助けにより、子犬は病院に運び込まれました。そして無事、一命を取り留めることができたのです。本当にホッとしましたね。

感動の動画はこちら!

 白い子犬が無事に助かって良かったですね。ところで、白い子犬を心配していたもう一匹の子犬はどうしたのでしょうか?もう一匹の子犬の行方は誰にもわかっていません。

 白い子犬が助けられて安心して帰ったのでしょうか。とても仲間思いの犬でしたね。この様子の写真を撮影した人が、もっと早く病院に白い子犬を送れば良かったのではと思いましたが、見て見ぬ振りをする人はどこの国にもいますね。

 それはとても悲しいことですが、一人一人が今回の子犬のように相手を気にかける努力をすべきですね。そういった意味で、今回の出来事から学ぶことも少なからずあるのではないでしょうか。


引用元:http://neta-reboot.co/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事