【暴露】「24時間テレビ」は偽善番組! あの元日テレ女子アナが認めちゃった!?

 8月27日、28日に放送された「24時間テレビ39 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。
瞬間最高視聴率は35.5%で、そのシーンはチャリティーマラソンに
挑戦した落語家・林家たい平がゴールした直後だった。

                       

1978年から毎年恒例となっている同番組だが、
“チャリティーキャンペーン活動”として行われているため、
番組の内容については賛否の分かれるところでもある。

                           

8月31日の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でも「24時間テレビ」が話題に。
同番組は、忌憚のない発言をすることで知られているコメンテーター陣を
配していることも魅力の1つ。

                           

8月31日のコメンテーターは玉袋筋太郎、室井佑月、蝶野正洋、西郷輝彦。
MCは長谷川豊と、「スッキリ!!」や「ラジかるッ」にも出演していた
元日本テレビアナウンサーの阿部哲子が務めている。

                       

「『24時間テレビ』の話題になったとき、玉袋が呆れ顔で『偽善番組ね』と、
阿部アナに振ったんです。しばし、沈黙があったので、
長谷川アナが『元局員ですからね』と助け船を出したんですが、
阿部アナは『ちょっとね~』と苦笑交じりに答えたんです。

                           

これって、“偽善”を認めたようなもんじゃないですか。びっくりしましたよ」(芸能記者)
今年はチャリティーランナーのたい平を、
ゴール直前で時間調整するような場面が映り込み、

                       

批判を浴びた「24時間テレビ」。毎年「偽善的」と言われながら、
いつまで茶番を続けるのだろうか。
 
 
引用元:アサ芸プラス

引用元:http://syunneta.enzmjp1.com/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事