ファミレスで母親がもらった手紙には「食事を台無しにしてくれてありがとう」と書かれていた!それを受けて店長は・・・

生後10ヶ月の息子、ドリューくんを連れてアメリカのアイダホ州にあるファミリーレストラン

『the Texas Roadhouse』を訪れたケイティー・リーチさん。

この日は店内のお客さんも多く誕生日のお祝いなどがあり、活気にあふれていました。

それにドリューくんも大はしゃぎ!

大きな声を出し始めました。

ケイティーさんは周りを気にして「ダメ」と注意しましたが、

小さい子供にとっては叫ぶのもコミュニケーションの一つです。

そんなとき後ろの席に座っていた2人の中年女性が、1枚のメモを渡してきました。

fami

そのメモを見たケイティーさんは多大なショックを受けることになってしまいました。

このメモの内容、そしてその後の結末は?

fami1

メモにはこんな皮肉が綴られていました。

「あなたの子供の叫び声で、私たちの夕食を台無しにしてくれてありがとう。

心を込めて。

あなたの後ろの席の者より」

皮肉を込めたメモを、退店する間際にわざわざ渡してきたのです。

これを見てケイティーさんはメモを渡した女性たちを追いかけて謝罪し、

子供はまだ10ヶ月で今ちょうど色々な事を学んでいる最中と説明しましたが、

「私の孫はその頃でも、あなたの子供みたいにうるさくしなかった」とその女性は言いました。

ケイティーさんはこの言葉に反論することができず、悔しさをかみしめました。

そんな時、店の女性マネージャーが中年女性たちに速やかに退店するように願い出ました。

そしてケイティーさんたちの食事代を支払い、

「またいつでも、ドリューくんと来てくださいね」と笑顔で言葉をかけてくれたそうです。

その後、この出来事についてテキサス・ロードハウスの広報担当がこのように語りました。

「全てのお客様に快く過ごしていただけることを望んでいます。

弊社は『一番賑やかなファミリーレストラン』の1位になったこともあります。

そう評価され大変光栄と思っています。

ナイフやフォークをお上品に使ったりするお客様は、こちらには合わないですね」

人それぞれ考えはありますが、生後わずか10ヶ月の子供がすること、

ましてやファミリーレストランでのこと。

注意する必要があったとしても、メモを渡す前にいろいろな配慮ができたはずです。

一人一人が優しい気持ちと助け合う心があれば、こんなトラブルも起きません。

みんなが余裕の心を持てる世の中になればと願うばかりです。

出典元:YouTube


引用元:http://buzz-media.net/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事