【驚愕】フライデーの元記者が明かす週刊誌が絶対に取り上げないスキャンダルがこちら・・・!【芸能界裏事情】

 数々の芸能スキャンダルを報じてきた週刊誌「フライデー」の元記者週刊誌では絶対に取り上げないスキャンダルについて語ったことが話題になっている。

 「知り合った人全員が情報源」と語るその元記者からは、芸能界の裏事情ともいうべき驚愕の事実が次々と語られた。

元フライデー記者佐々木博之

 写真週刊誌「フライデー」専属の記者として、15年間数々のスクープを撮ってきた佐々木博之氏(59)1月15日にテレビ東京で放送された「ヨソで言わんとい亭」に出演し、芸能スクープの情報収集の仕方などについて語った。

 「知り合った人全員が情報源」だと語る佐々木氏は、医者や客室乗務員、お店の店員などありとあらゆる人物が芸能人の情報を集めていたという。その中には、芸能人や芸能事務所からのタレコミも多くあったとのこと。芸能人からのタレコミは本来、芸能人にとって何のメリットもないにもかかわらず、「佐々木さんと友達だから」という理由でタレこんでくるという。また、そうすることで自身がスクープされないための予防線としていた芸能人もいたとか。

 芸能事務所のタレコミは、何とその事務所に所属するタレントのスキャンダルをタレこむことが多いという。そうすることで別れさせるためにあえて掲載してもらうようにしているようだ。一方で、「なかなか結婚に踏み出さないからいっそのこと」という理由でタレこむこともあるのだという。

絶対に取り上げないスキャンダル

 そんな中、絶対にやってはいけないタブーも存在するという。それは「作家のスキャンダル」である。作家は出版社にとって大きな収入源である。スキャンダルを報じられたことで作家が機嫌を損ね、出版社との関係が悪くなれば出版社の業績にも大きく影響してしまうため、作家のスキャンダルはネタ自体取り上げないようにしているとのこと。

 しかし、このことは逆に言えば「スキャンダルを掲載されたくなければ、売り上げに貢献せよ」という意味合いも込められているとのこと。作家と出版社の間には、お金と名誉が生み出す緊張感が常に漂っているようだ。

ネットの反応

 作家のスキャンダルというのは、確かにあまり聞かないように思う。今もし、取りあげるとしたらピースの又吉直樹氏などは、需要があるかもしれない。以下、主なネット上のコメントである。(出典:bazzoo)

・そう言えば、あんまり作家のスキャンダルって聞かないな。

・水嶋ヒロも、良い噂しか聞かないw

・「作家兼芸能人」は、また別の話じゃないか?

 取り上げてはいけないスキャンダルというのは、一見すると雑誌の売り上げのためにはもったいないような気もするが、そこにはしっかりお金に関係する理由があったようだ。ここ最近、ベッキー氏と「ゲスの極み乙女。」の川谷氏の不倫騒動や、SMAPの解散騒動など、大きなスクープが多い芸能界。次にワイドショーを賑わしてしまうのは一体誰か?


引用元:http://neta-reboot.co/

▼▽▼▽この記事の評価をお願いします▽▼▽▼
※カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、Facebookには表示されません



良かった/面白かった/★3つ


普通/特に何とも思わない/★2つ


つまらない/最悪/★1つ

☆続きを読むにはいいねボタン
(1)(2)を押して続きを読もう!☆
(1)   
(2)   

⑴⑵のボタンがになった方は
↓の続きを読むボタンをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで最新情報を受け取る
シェアする

新着記事